地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、鉾田の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

メニュー

鉾田の地域情報サイト「まいぷれ」

ふるさと納税で日本を元気に!~鉾田市~

いこいの村 涸沼「新館特別室洋室ペア宿泊券」

貴重な汽水湖のほとりで美肌の湯と地産グルメを満喫!本格芋焼酎のお土産も

広がりのある大空と美しい涸沼、豊かな緑に抱かれて日常を忘れるような滞在を

化粧水のような温泉に浸かりながら貴重な絶景を望めるのはココだけ!

 

茨城県中部、鉾田市・茨城町・大洗町にまたがって広がる涸沼(ひぬま)は、国際的に貴重な湿地帯として2015年にラムサール条約に登録された湖沼で、とりわけ夕景の美しさでも知られるところ。そんな豊かな自然に恵まれた涸沼のほとりにたたずむ「いこいの村 涸沼」に滞在し、独特の泉質を誇る温泉と地元茨城にこだわった新鮮グルメを堪能、鉾田ブランドの焼酎のお土産までついた至れり尽くせりの返礼品がこちらです。

自家源泉から注ぐ自慢の温泉は、肌あたりが柔らかく独特のとろみがあるのが特徴。まるで化粧水か美容液に全身浸かっているかのような感覚で、お肌がつるつるすべすべになると評判です。ちなみにこの近辺で温泉に浸かったまま涸沼を望めるのはこちらのお宿だけ。季節や時間で異なる涸沼のパノラマを朝な夕な楽しめるのはここに泊まるゲストだけの特権で、好条件に恵まれた日は、夕日が湖面に反射して真っ赤に染まる見ごたえのある絶景を望めます。施設全体に漂うゆったりとした空気感もここちよく、身も心もリフレッシュできる「いこいの村 涸沼」は、その名の通りの憩いの湯宿です。

展望大浴場から望む涸沼の広大なこと!とろっとした肌触りが自慢のお湯にどっぷり浸かって温泉三昧

景観全体を茜色に染めるドラマティックな夕暮れ。湖畔の湯宿にも明かりが灯る

涸沼一望の半露天風呂を備えたこだわりのゲストルームに宿泊

 

お泊まりのお部屋は、涸沼がラムサール登録湿地となった2年前に新設された新館洋室をご用意。わずか5室のこのお部屋、なんと涸沼一望の半露天風呂を備え、大浴場とはまた一味違うプライベート感たっぷりの入浴を楽しめる、実にぜいたくなお部屋なのです。湯船は特注であつらえた趣のある信楽焼の陶器風呂。大人2人でもゆったり入れる大き目サイズで、客室の一部のような造りで天候に左右されず入浴できるのもうれしいポイント。半露天風呂と客室どちらからも出られるウッドデッキもあり、心洗われる涸沼の景色を独り占めするかのようにゆったり滞在できます。落ち着きある和モダンなインテリアで居心地もよく、一度宿泊すると「次もこの部屋で」と指定して予約するお客様が多いというのも納得です。

落ち着きある色合いでまとめられた和モダンな客室にステイ

信楽焼の半露天風呂は保温性が高く体の芯までぽかぽかに。涸沼の眺めもご覧の通り

宿泊する半露天風呂付きの洋室が入る新館

新館には開放感抜群のオープンテラスも

常陸牛にヤマトシジミ、地のものをふんだんに取り入れた夕朝食もお楽しみ

 

茨城の地のものをふんだんにとりいれたお食事も温泉と並ぶ大きなお楽しみ。夕食は前菜、お造り、茨城が誇るブランド牛「常陸牛」の一品料理のほかに、20~30品目のバラエティあふれる料理の数々を好きなだけ楽しめるハーフバイキングスタイルでご用意。バイキング料理は旬の新鮮野菜がメインでとってもヘルシーです。「メロン祭り」(例年5月中旬~6月中旬)、「スイカ祭り」(例年6月中旬~)など、鉾田ならではのフルーツ食べ放題に合わせてステイするのもいいですね。一方、朝食バイキングでゲストに喜ばれているのは涸沼名産ヤマトシジミを使ったしじみ汁です。淡水と海水が混ざりあう汽水湖(きすいこ)である涸沼は養分が豊富で、一般的なしじみよりぐんと大粒で黒々したしじみが育つことで知られています。お酒をたしなんだ翌朝のしじみ汁、それだけでも十分うれしいものですが、こんな立派なしじみ汁が食べ放題となればいつもよりちょっと多めに飲んでも大丈夫!?タイミングが合えば、1階売店で漁師さんが昔ながらの人力ですくい上げた新鮮元気なしじみを購入できることもあります。

お土産に、さつまいも産出額日本一を誇る鉾田でとれた「紅あずま」で仕込んだ本格芋焼酎をいただけるのもうれしい限り。上品な甘さと香りを楽しみながらグラスを傾け、旅の余韻に浸るのも至福のひとときになりますね。

 

※夕食は当日のご利用人数により、お一人用お膳式となる場合があります。

常陸牛の台の物をメインに前菜、お造り、バイキング形式の創作料理で身も心も満腹

リニューアルしたレストランからも涸沼が見えます。仕切りがあるので落ち着いて食事が楽しめます 

涸沼でとれたヤマトシジミ。確かに黒々ビッグサイズ!

鉾田市産「紅あずま」で仕込んだ本格焼酎のお土産付き

豊かな自然とアクティビティ、心温まるホスピタリティも大きな魅力

 

昭和42年の開業から40年になる「いこいの村 涸沼」は、天然芝の広々した敷地で楽しむグラウンド・ゴルフ、世界一周気分が味わえるパターゴルフ、健康効果で注目されるスポーツ吹き矢など多彩なアクティビティに親しめる施設が充実、無理なく体を動かしたい方にも最適です。雄大な涸沼流域には、絶滅危惧種のヒヌマイトトンボや水草のミズアオイなどのほか、200種を超える野鳥の生息を確認。その75%は渡り鳥で、毎年冬になると同じ個体のオオワシが越冬しにやってくることから、その姿を目当てに全国から観察に訪れる人も多く、宿の敷地内にあるインフォメーションプラザでは、国際的に貴重と認められた涸沼の歴史や文化、自然について学ぶこともできます。

 

そんなアカデミックな魅力が満ちた涸沼ですが、地元茨城のスタッフがメインの宿のおもてなしはどこまでも心地よくて温かで、ふっと心を解き放ってリラックスできます。「あちこち旅行されているお客様から、『やっぱりここが一番落ち着きます』『地元を離れて茨城に来たなという気がします』というお言葉をいただくと、こちらもとてもうれしいですね」とスタッフ。意識せずとも自然ににじみ出るローカル色に、くつろぎや癒しを感じとるゲストが多いことの証しです。温泉、自然、地産グルメ、この宿ならではの温もりあふれるホスピタリティ。どれもが魅力の「いこいの村 涸沼」、一度泊まればきっと、また帰りたくなってしまうはずです。

 

いこいの村涸沼 公式ホームページはこちら

日本グラウンド・ゴルフ協会認定コースで子供から大人まで楽しみながらプレーができます

公共の施設として40年の歴史を刻む「いこいの村 涸沼」の本館エントランス 

◆お礼の品一覧◆

 

有効期限…発行日より1年間

※夏季(7/20~8/31)及び年末年始(12/29~1/5)はご利用いただけません。ご希望日が満室の場合は別日でのご案内となります。

 

100,000円以上のご寄附をいただいた方に、以下の特産品をお送りします。

いこいの村涸沼 新館特別室洋室ペア宿泊券

1泊2日 夕食・朝食付き 地元特産お土産付き