地元暮らしをちょっぴり楽しくするようなオリジナル情報なら、鉾田の地域情報サイト「まいぷれ」!
文字サイズ文字を小さくする文字を大きくする

鉾田の地域情報サイト「まいぷれ」

ふるさと納税で日本を元気に!~鉾田市~

大洋まいたけセンター「きのこ詰め合わせ」「発酵黒蒸しにんにく」

ヘルシーなパワー食材きのこ、注目の栄養成分を含む黒蒸しにんにくで健康増進

どのきのこも香り豊かで濃厚な味わい。きのこならではの旨味を実感できます

「幻のきのこ」やドライフルーツのようなにんにくを食べおいしく楽しく健康に

 

低カロリーで食物繊維が豊富、ビタミン、カリウムなどのミネラル、葉酸などの栄養成分が豊富に含まれたきのこは、生活習慣病の予防や美容、健康増進が期待できるスーパー食材。大洋まいたけセンターではみなさんおなじみの「まいたけ」に、近所のスーパではあまり見かけない「あわびたけ」と「たもぎたけ」を加えたうれしい3種詰め合わせでお届けします。コリコリあわびのような食感が楽しい「あわびたけ」は中華料理では高級食材として使われることもあり、まいたけ同様クセがなく天ぷらや炒め物、鍋物、野菜炒めなどどんな料理とも相性抜群。網で焼いて生姜醤油をかければ酒の肴にぴったりです。鮮やかな黄色いかさが美しい「たもぎたけ」は北海道や東北のみ自生し、短い夏の間しか採れないことから「幻のきのこ」とよばれてきたたきのこ。技術開発により菌床栽培が可能になったもののまだまだ知られておらず、銀杏のような栗のようななんとも不思議な香りをもち、栄養価が高いことが特徴です。天ぷらにして塩で食べると最高で、炊き込みご飯に入れてもいいダシが出ておいしくいただけます。

あわびたけの生姜醤油焼き。クニッとした食感と香ばしい風味がたまりません

たもぎたけのバターソテー。口に入れるとこっくりとした味わいが楽しめます

まいたけの肉野菜炒め。まいたけのシャキシャキ感がアクセントの一味違う野菜炒め

1日1,2片を目安に皮をむいてどうぞ。白にんにく同様食べすぎは胸やけなどを起こすのでご注意を

もう一つの返礼品「発酵黒蒸しにんにく」は、生産量日本一を誇る青森県田子町(たっこまち)で直接買い付けたにんにくの種球根を栽培し、約3週間かけてじっくり蒸した発酵食品。高温多湿の環境におくことで、何も加えなくてもにんにく自体のチカラで発酵が進んで黒くなり、ねっとりとした食感になり、独特の刺激臭も消えて糖度が増し食べやすく変化します。黒蒸しにすることでポリフェノールが白いにんにくの何倍にも増え、疲労回復、体を老化させる活性酸素を取り除く、免疫力を強化するなどの効果が期待できるといわれています。ドライフルーツ感覚でつまんだり、みじん切りにして炒め物やサラダ、パスタ、煮物など料理のアクセントとして使うのもおすすめです。

厳密な環境管理と細心の注意で歯ごたえ、香りともによし!のきのこが育つ

 

 自然水と無農薬による健康にも環境にもやさしい「まごころ農法」で作られているのが大洋まいたけセンターのきのこです。おがくずにふすま(小麦の殻)、米ぬか、自然水を混ぜ撹拌し栽培の土台となる「培地」を作ったら、雑菌をなくすために高圧ボイラーで殺菌・放冷。培地にまいたけの菌を植え付けた後は、温度・湿度が異なる3つの部屋を経て育てられ、収穫となります。四季がある中で通年温度や湿度を一定に管理したり、生育にかかわる二酸化炭素の量を調節するのも大変な作業ですが、なかでも細心の注意が必要になるのが「接種」とよばれる菌の植え付けです。この段階でもしも雑菌が入ってしまえば、カビが生えたり腐敗してしまうなど、商品のきのこが育つ前にすべてがダメになってしまうといいますから、どれだけ重要かがわかります。 また、照明にブラックライトが使われているのも特色。蛍光灯ではまいたけの色が白くなってしまいますが、ブラックライトの薄暗いを当てると、まいたけらしい濃い色に育つのだとか。山の中で育つきのこも、直射日光が当たる場所や真っ暗な環境よりは木漏れ日が当たるくらいがもっともよく育つそうで、これを応用しているのですね。約45日間かけて大切に育てられたまいたけは、肉厚で香り高く、調理した時の歯ごたえもシャキシャキ。早く味わってみたくなりますね。

きのこを菌床栽培する土台、「培地」のベースとなるおかくず

高圧ボイラーで培地を消毒、菌が繁殖しやすい状態を作る

ボトルに詰めた培地に菌を植え付け、第1の部屋である培養室へ

茶色い培地に穴を開け、まいたけの菌を接種したところ

10日経つと全体に菌がまわって茶色かった培地が真っ白に

第1室よりも涼しい第2室へボトルを移し、気温差による発芽を促進する

22日ほど経つとまいたけの根となる部分が発芽。この後より低温の第3室へ移動

第3室で仕上げの栽培。まいたけがさらに育ってきているのがわかる

ボトルが見えないくらいこんもり立派に育ったら収穫も間近

無農薬のきのこと黒蒸しにんにくで多くの人の健康生活を応援したい

 

大洋まいたけセンターは平成6年の創業。現在中心となって事業を任されているのは、創業者の娘さんと結婚19年になる飯塚和敏さんです。もともとは鮮魚店で働いていた飯塚さん、「目に見えない菌がきのことなって形になることは、ある意味衝撃的でした」と家業に就いた15年前を振り返ります。以来畑違いの仕事に邁進し、無農薬、自然水、厳しい品質管理にこだわり、一級品のおいしいきのこを育ててきました。「ここのきのこじゃないと食べられない」というリピーターが多く、自宅で楽しむ以外にもお中元・お歳暮、贈答品としても喜ばれているそう。「きのこも発酵黒蒸しにんにくも健康を重視した製品。楽しく味わって、ご家族の健康にお役立ていただければうれしいです」と飯塚さん。すくすく育ったきのこ、手軽につまめる黒蒸しにんにくが毎日の健康生活を応援します!

◆お礼の品一覧◆

 

※冷暗所にて保存してください。

 

10,000円以上のご寄附をいただいた方に、以下の特産品をお送りします

きのこ詰め合わせ

まいたけ、あわびたけ、たもぎたけ

※クール(冷蔵)便でお届けします。

発酵黒蒸しにんにく

1玉袋入×6袋

※常温でお届けします。